お得に引越しできる情報がギッシリ!

リサイクルショップで売れなくても諦めないで

引越しで荷物を処分するときに便利なのが、リサイクルショップです。
不用になったものを買い取ってくれるので、引越し費用の節約にもなりますよね。

 

でもリサイクルショップが、なんでも引き取ってくれるわけではありません。

 

年式の古いものや、季節外れのアイテム、取り扱いの無い品などは、
買い取り対象にならないこともあります。

 

その場合でも、処分することが決まっているのであれば、
無料で引き取ってもらうことをおすすめします。

 

「タダで渡すのが惜しい」と持ち帰っても、
一度処分しようとしたものを使う機会は、めったにありませんし、
引越し荷物が増えて、かえって引越し費用もかさむ結果になってしまいます。

 

ミはタダで捨てられる、と思っている人がいるかもしれませんが、
実は処分にお金がかかる品物も結構あります。

 

せっかくリサイクルショップまで、持ち込んだのであれば、
時間や手間を考えても、その場で無料でも引き取ってもらうのがベストです。

 

リサイクルショップが値をつけなかったものは、基本的には価値の低いものです。

 

他で売れるかもと欲を出して、結果売れずに、
交通費だけかさんでしまっては本末転倒です。

 

まずは引越しに向けて、荷物整理を優先に考えてください。

 

 

友人や知人にあげる方法も

 

もし友人や知人で、不用品をもらってくれる人がいれば、
引き取ってもらうのも良いでしょう。

 

まだ使えるものであれば、欲しい人がいるかもしれません。
引越が決まったら周囲に声をかけておいて、不用品がでたときに相談してみましょう。

 

またFacebookをしている人は、不用品の写真を取って投稿するのも一つの方法です。
情報を一気にシェアできるので、より多くの人に見てもらうことができ便利です。

 

また地域の掲示板などを利用して、引き取り手を探す方法もあります。
近所のスーパーや公共の掲示板などを利用して、
不用品の写真や情報を載せてみてもよいでしょう。

 

 

どうしても駄目なときは

 

それでも引き取り先が見つからない場合は、捨てることになります。

 

捨てる際には、普通ゴミとして捨てられるのか、
粗大ゴミなのかによって、捨て方が違います。

 

普通ゴミの場合は決まった収集日に指定の場所に出しますが、
その際も一気に出しすぎて、近所の迷惑にならないよう配慮しましょう。

 

粗大ゴミの場合は、自治体に連絡して出し方を確認しましょう。
自治体によっては、粗大ゴミの回収日が決まっているところもあるので、
早めに連絡して、回収日だけでも確認しておくことをおすすめします。

 

ギリギリになってからでは、ゴミを捨てたくても捨てられないことがあるので、
こちらも計画的に準備をすすめることが大事です。