お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越し業者とのトラブル

引越し業者とのトラブルの中で多いのが、次の2つのケースです。

 

料金トラブル

 

引越し後に見積書に記載されていない金額を請求された

見積書の金額は基本的には決定事項ですが、
業者が下見をしていない場合は、荷物量が正しく把握できないので、
このようなトラブルになることがあります。
トラブルを避けるためにも、下見に来てもらうことをおすすめします。

 

手付金を支払ったが、キャンセル後に返金されない

引越し業者への支払いは原則後払いです。
前金を要求されたら、理由を確認して、納得できなければ支払う必要はありません。
またキャンセルする場合、2日前までに連絡すればキャンセル料金は発生しません。

 

 

荷物の破損や紛失トラブル

 

荷物を移動する以上、こうしたトラブルはつき物ですが、無いに越したことはありませんよね。
予防策として、

  • 梱包をしっかりする
  • 荷物の中身がわかるように、ダンボールにマジックで書き込みをする
  • 大型の荷物は運び出す前に、作業員と一緒に外観を確認する

 

などが大事です。

 

それでももし破損してしまったら、
できればその場で作業員と確認して、担当者から連絡をもらえるように手配します。

 

その場で確認できなかった場合も、3ヶ月以内に業者に連絡をすれば、
補償される場合があります。

 

ただしあまり時間が経ってしまうと、引越し時の破損だったのか証明が難しくなるので、
できるだけ早めに連絡することをおすすめします。

 

 

その他のトラブル

 

引越しは大きな荷物を出し入れするので、近所の住人に騒音などの迷惑がかかります。
場合によってはトラブルに発展することがあるので、注意しましょう。

 

とくに夜の引越しは、近隣の人にとくに迷惑がかかります。
必ず両隣と階下の住人には挨拶をしておきましょう。

 

引越し前後は大量のゴミが出るので、
ゴミの出し方についても気をつける必要があります。
自分勝手な出し方をして、近所や通行人に邪魔にならないよう配慮しましょう。

 

また賃貸物件に住む人は、退去時の部屋の引渡しの際に、
敷金の返金について、大家さんとトラブルになることもあります。

 

部屋を普通に使っただけの経年劣化については、補償する必要はないので、
故意に傷つけていない限りは、敷金は返還されることになっています。

 

ただし契約書に別途記載があるときは、全額返金が難しいことも。
契約時にはしっかり内容を確認しておきましょう。

 

 

困ったときはこちらに連絡

 

引越しでは様ざまなトラブルが起こる可能性があります。
できれば自力で解決したいところですが、
どうしても助けが必要な場合には、下の機関に相談してみても良いでしょう。

 

 

弁護士に相談することも可能ですが、弁護士費用のほうがかえってが高くなってしまうので、
市役所などの無料弁護士相談の機会などを利用すると良いでしょう。