お得に引越しできる情報がギッシリ!

ペットの移動には細心の注意が必要

動物は環境の変化にとても敏感です。
引越しそのものがストレスになるので、
作業中は細心の注意を払ってケアしてあげましょう。

 

とくに新居への移動方法には気を使いたいところです。

 

できるだけ飼い主と一緒に移動する方法を考えましょう。
自家用車に乗せたり、ケージに入れて運ぶなど、
ペットに負担にならない方法を選んでください。

ただし遠方への引越しや、大型の動物で自分で運ぶことができない場合などは、

引越し業者のオプションサービスやペット輸送の専門業者に依頼することになります。

 

引越し業者は基本的には荷物を運ぶのが専門なので、
ペット輸送に対応していないところもあります。

 

また輸送方法が限られる可能性もあるので、
デリケートなペットの場合は専門業者の方が安心です。

 

 

引越し業者のペットの輸送方法

 

ペット輸送にはいくつかの方法があります。
予算とペットの性格などを考慮して、最適な方法を選びましょう。

 

ドア・トゥー・ドアタイプ

自宅から新居までペットを専用車で届けるので、料金が割高ですがペットへの負担が小さく済みます。
10万円前後の輸送料と高速代がかかります。

 

航空便利用タイプ

自宅までの引き取りと新居への配送は専用車で、長距離区間は飛行機で運ぶ方法です。
航空便の中では他の荷物と混載になりますが、移動時間が短く済みます。
5万円前後の輸送料がかかります。

 

トラック便タイプ

トラックに他の荷物と混載してペットを運ぶ方法です。
料金を低く抑えることができますが、ペットへの負担が大きくなります。
3タイプの中では最も割安の4万円前後が相場です。

 

 

専門業者のペットの輸送方法

 

ペット輸送専門の業者も、基本的な輸送方法は引越し業者と変わりません。

 

ただしペットに負担のかかるトラック便利用タイプを採用している会社は少なく、
ドアツードアタイプと航空便利用タイプが一般的です。

 

ペット専門業者の特徴は、ドア・トゥー・ドアタイプの輸送の場合に、
飼い主が同乗できるシステムを採用していることです。

 

敏感なペットにとって、ただでさえストレスの大きい引越し移動では、
飼い主が隣にいてくれるのはとても心強いものです。

 

引越し時のストレスが原因で、逃げ出したり病気になるペットもいます。

 

専門業者の場合、それなりに料金も割高なところが多いですが、
ペットを扱い慣れている点で安心して任せることができます。

 

ペットも大切な家族の一員なので、
できるだけ負担の少ない方法で運んであげたいものですね。