お得に引越しできる情報がギッシリ!

新居のレイアウト図は必須

引越しをスムーズにするためには、新居のレイアウト図を作っておくことが大事です。

 

引越し直後は新居に荷物が散乱しているので、
荷物を動かそうにも、移動させるスペースがない、ということがよくあります。

 

とくに大型の家電や家具は、自分で移動させるのが難しいので、
引越しの際に業者に頼んで設置してもらうのがベストです。

新居の間取り図に、簡単にメモする程度でOKなので、事前に配置を考えておきましょう。

 

引越し作業開始前に、新居のレイアウト図を業者に渡して、
家具の配置などを確認しておけば、荷物を新居に運びいれるときにスムーズです。

 

 

家具の配置以外にレイアウトにメモしておきたいこと

 

レイアウト図ができたら、できれば運び入れる荷物についても振り分けておきましょう。

 

レイアウト図をもとに、それぞれの部屋に運びいれる荷物を決めて、
箱に部屋の名前を書いておきましょう。

 

新居に到着したら、部屋ごとに荷物を振り分けて運んでもらうと、
荷解きがとてもスムーズに進みます。

 

こうした準備をしていないと、
荷物は入り口近くの1ヶ所に積み上げられてしまい、その後の荷物探しが大変になります。

 

ただし時間制の業者では、こうした作業に時間がかかると、
追加料金を請求されることもあるので、
部屋まで荷物を運んでもらえるか、作業責任者に確認してみるとよいでしょう。

 

引越しの片付けは時間も手間もかかる大仕事なので、
事前にしっかり準備するかしないかで、その後の作業効率が違ってきます。

早く新居を片付けて、気持ちよく生活をスタートさせるためにも、
引越し前の段取りはとても大切です。