お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越し業者のトラックには乗れない

引越しのときに考えなくてはいけないのが、旧居から新居までの移動方法です。

 

業者のトラックに便乗して、
新居まで乗せてもらおうと考えている人がいるかもしれませんが、これはできません。

 

引越し業者は荷物を運ぶことが仕事です。
そのためトラックに乗せてよいものは、荷物のみと決まっています。

 

業者が加入している保険は、荷物の補償のみなので、
もし人を乗せて、万が一事故などが起きたときに、
何も保障がつかなくなってしまうので危険です。

 

中にはお願いすると、乗せてくれる業者があるかもしれませんが、
何かあっても自己責任になることを理解した上で判断してください。

 

 

最短ルートを事前に調べましょう

 

引越し先が決まったら、新居までの最短のルートを事前に確認しておきましょう。
引越し当日は、荷物の運び出しが終わったら、すぐに新居に移動しなくてはいけません。

自家用車、電車やバスなどの移動手段の中で、
一番早く新居に到着できる方法を見つけておきましょう。

 

業者が新居に到着する前に、新居を開けておかないと、
荷物の搬入が遅くなってしまいます。

 

近場への引越しでも、直通の路線が無い場合には、意外と時間がかかってしまうものです。

 

できれば家族や友人などに頼んで、
先回りして新居を開けてもらうと、作業がスムーズに進むのでおすすめです。

 

ただしその際も、荷物チェックの手順などを伝えて、
荷物を搬入する部屋や位置を確認したり、荷物リストなどを渡して、
荷物の不備がないか確かめてもらうよう説明しておきましょう。