お得に引越しできる情報がギッシリ!

あきらかに引越し作業が原因の破損は業者に連絡を

引越しでは、大量の荷物を移動させるわけですから、
破損や紛失などの事故が起こりやすいのは事実です。

 

もしこうした事故が起こってしまったら、業者に連絡して補償してもらいましょう。

 

業者は「運送業者貨物賠償責任保険」に加入しているので、
荷物が破損や紛失した場合には、この保険である程度補償されることになっています。

 

ただし補償内容は限定的なので、契約時に内容をチェックしておきましょう。

見積書の裏側などに、これらの契約事項が記載されているはずなので、
補償内容と補償期間について確認してください。

 

 

3ヶ月以内に連絡を

 

引越し荷物を運び入れたら、荷物に外傷がないか、
作業員がいる間に立ち会ってもらって確認しておきましょう。

 

荷物を全て開けてチェックすることは出来ませんが、
ひどい凹みがある箱などは、すぐに開けて中身を確認します。

 

補償については後日、業者の担当者から連絡が来ることになりますが、
実際に作業した人と確認しておくことが大事です。

 

もしも、引越し後しばらくしてから破損に気づいた場合は、
3ヶ月以内であれば補償してもらうことができます。

 

とはいえ、引越しから時間がたつと、
どの時点で破損があったのか証明することは難しくなります。

 

できるだけ早く荷物整理をして、破損が見つかったらすぐに業者に連絡するようにしましょう。

 

 

紛失の場合は盗難届を

 

荷物が紛失してしまった場合のケースですが、
多くの業者が荷物の紛失については、補償に応じてくれないというのが実態です。

 

警察に盗難届を出すようにすすめられる事もあるようです。

荷物の破損に比べて紛失の立証はとても難しいからです。

 

荷物を運びだす前に、荷物の個数などをリストにチェックしたり、
ダンボールに通し番号をふっておくと、
万が一の紛失の際にもなくなっていることを証明しやすいでしょう。

 

とは言え、無くなってしまった物が出てくるとは限らないので、
大切なものは自分で運ぶことをおすすめします。