お得に引越しできる情報がギッシリ!

大手と中小業者の特徴を知るのが大事

大手と中小の引っ越し業者はどっちがいいの?
引越し業者の中には、全国に営業所を構える大手の会社と、
限定した地域での引越しを得意とする中小の会社とがあります。

 

どちらもそれぞれに特徴があり、
簡単には「どちらがいい」とは決められないものです。


引越しはその都度、条件が変わるので、
一度使ったことがある業者が毎回ベストな業者とは限りません。

 

まずは大手と中小業者の、それぞれの強みを知りましょう。
その上で、自分の引越しの状況から、
大手か中小かどちらが良いか見極めることが大事です。

 

 

長距離や特殊な引越しなら、大手

 

大手業者の強みは、全国に営業所を設置しているので、
配送ネットワークが優れていることです。

 

長距離引越しでは、どうしても料金が高くなるものですが、
大手業者はトラックチャーターだけでなく、
混載便やコンテナ輸送など、配送手段が充実しているので、割安に引越せる可能性があります。

 

また地域間の移動に中介業者を入れないので、
サービスの質が安定していて、荷物の破損などが起こりにくいこともポイントです。

 

特殊な荷物がある人も、大手業者がおすすめです。

 

大手業者は引越しの取り扱い件数が多いので、
ピアノやペットなどの特殊荷物の輸送経験が豊富です。

 

専門業者などを頼むことも出来ますが、手配が二度手間になるので面倒です。

 

その点、自社で機材を持っている引越し業者であれば、
引越しと同時に特殊荷物の搬送も頼めるので便利です。

特殊な荷物は扱いが難しいので、
取り扱いに慣れている業者の方が事故も少なく安心です。

 

 

中小業者は地域密着型

 

中小の引越し業者は、特定の地域で展開している会社が多いので、
地理にも詳しく、地域に密着している点が強みです。

 

そのため近距離の引越しの場合は、
融通を利かせてもらえる可能性があります。

 

大手業者の場合は、料金体系がしっかりしているところが多いので、
値引き交渉には限界があることも事実です。

 

一方、中小業者は個人経営の会社もあり、
値引き交渉はもちろん、利用者のわがままにも柔軟に応じてくれる可能性があります。