お得に引越しできる情報がギッシリ!

キャンセル料は前日から発生する

引越しをキャンセルしたり延期をすることはできる?
予約している引越し業者をキャンセルする場合、
予定日の前日以降はキャンセル料金が発生します。

 

つまり2日前までに連絡していれば、キャンセル料金は発生しません。

 

通常は引越し業者から、
2日前までに引越し日程に変更がないか確認の連絡が入るはずです。


これは業者側も、急なキャンセルを避ける目的があるからです。

 

前日のキャンセルで引越し費用の10%、
当日のキャンセルでは20%のキャンセル料がかかります。

 

とはいえ、急なキャンセルは業者にとっても迷惑なので、
お互いにいやな思いが残ることになります。

 

引越しが決まったら、スケジュールを確認して、確実に引越しできる日程を組むようにしましょう。

 

 

延期の場合も追加料金がかかる場合があります

 

引越しの日程を変更する場合も、
変更する日によっては追加料金がかかることがあります。

 

延期などの日程変更についても、
前日以降の連絡では、一旦キャンセル扱いとなるので、
キャンセルした時と同じくキャンセル料が発生してしまいます。

 

日程変更についても2日前までに、連絡を済ませるようにしましょう。

 

 

キャンセルするときの注意点

 

業者をキャンセルする場合、2日前までに連絡しても、
費用を請求されることがあります。

 

それは業者からの無料オプションサービスを利用した場合などです。

業者は契約者に、無料の梱包資材をくれることがありますが、

キャンセルした場合は、使った分の料金を請求される可能性があるからです。
全く利用していない場合も、資材の返送代金がかかります。

 

また手付金や内金などを支払っている人は要注意です。

 

業者としてもキャンセル防止対策として、こうしたお金を要求しているケースが多いのですが、
なかなか返金に応じてくれない業者もあるようです。

 

引越し代金は引越し後に払うのが基本です。

 

前金を請求された場合は、前金が必要な理由を確認して、
納得できない場合には、業者選びから見直したほうが良いかもしれません。