お得に引越しできる情報がギッシリ!

郵便の「転居届」とは

引越しが決まったら、郵便局で郵便物を新居に転送してもらう手続きをしましょう。

 

郵便局の窓口で「転居届」に記入して提出するだけで、
1年間新住所に郵便物を無料で転送してくれる便利なサービスです。

 

窓口での手続きの他に、所定用紙に記入して投函する方法と、
インターネットで、郵便転送サービスに申し込む方法があります。

 

 

窓口で届け出る場合は、本人確認書類として免許証などの身分証明書と、
旧住所が確認できる書類の提示を求められることがあります。
免許証があれば、住所も記載されているので簡単ですね。

 

また投函やインターネットで申し込んだ場合は、
後日、配達員が自宅まで本人確認に行くこともあるので覚えておきましょう。

 

 

届出は一週間前までに

 

郵便物の転送手続きには、申し込みから1週間前後時間がかかるので、
引越し日1週間前までに済ませるようにしましょう。

 

引越しの際には、必要な関係者や機関に住所の変更連絡をしておかないと、
大切な書類が手元に届かなくなってしまうので、漏れなく連絡を済ませておくことが何より大切です。

 

しかし荷造りなどの準備で忙しいと、こうした連絡は後回しにしてしまいがちです。
そんな時、郵便の転送手続きをしておけば、新居に郵便物を届けてもらえるので安心です。

 

さらに1年後にも更新の手続きをすれば、引き続き転送サービスを受けることができます。

 

とは言え、住所変更の連絡を怠ったままだと、必要なサービスが受けられないこともあるので、
引越し後はできるだ早く関係各所への連絡をするようにしましょう。