お得に引越しできる情報がギッシリ!

違う市区町村に引越すなら「転出届」

転出届と転居届について(それぞれの違いに注意)
違う市区町村に引越すときには、
現在の住所地の役所で「転出届」の手続きを行います。

 

転出届は引越し後14日以内に届け出ることになっていますが、
引越しをしてからでは、わざわざ前の住所地に
足を運ぶことになって面倒です。


できれるだけ引越し前に済ませてしまいましょう。

 

手続きは市区町村役所で行います。
その際には印鑑、身分証明書(免許証、パスポート、健康保険証など)を持参します。

 

その場で「転出証明書」が発行されるので、
引越し後14日以内に新住所の管轄役所に提出して住民登録をします。

新しい住所地で手続きが済めば住民票も発行されるので、
その他の手続きに住民票が必要になる場合は、
この時にまとめてとっておくと二度手間にならないのでおすすめです。

 

同じ市区町村内の引越しなら「転居届」

 

引越し先が同じ市区町村内であれば、引越し後に「転居届」を出せばOKです。
住所地の役所に印鑑を持参して、引越し後14日以内に手続きをします。

 

単純に住所の変更をするだけなので、"転出"の手続きに比べて簡単に済みます。

 

手続きが簡単だからといって、手続きが遅くなったり忘れていると、
国保や年金、運転免許などにも影響することがあるので、期限内に必ず行いましょう。