お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越し先の場所によって手続きが違うので注意!

子どもがいる家庭では、引越しの際に学校の転校手続きが必要です。

 

引越し先が同じ市区町村内かそれ以外の地域かによって、
手続きが違うので注意しましょう。

 

また転校は子どもの心理的な負担が大きいので、
子どもが新しい環境に慣れるよう、親が配慮してあげることも大切です。

 

以下の事務的な手続きの他に、通学路や持ち物の確認なども忘れずに行い、
少しでも子どもの負担が軽くなるようにしてあげましょう。

 

 

同じ市区町村内で引越しをする場合

 

引越し先が同じ市区町村内の場合は、次の手続きが必要です。

 

1.現在の学校から「在学証明書」と「教科書受給証明書」を発行してもらいます。
2.役所で転居届の手続きを行います。
3.新しい住民票を教育委員会に提出して、「転入学通知書」を発行してもらい、学校の指定を受けます。
4.指定を受けた学校に「在学証明書」「教科書受給証明書」「転入学通知書」を提出します。

 

以上で転校の手続きは完了です。

 

 

違う市区町村へ引越す場合

 

引越し先が違う市区町村の場合も、手続きの内容はほとんど変わりませんが、
引越し前に”転出”の手続きを忘れないように行うことが大切です。

 

忘れてしまうと、新住所での転校の手続きが遅くなってしまうので注意しましょう。

 

1.現在の学校から「在学証明書」と「教科書受給証明書」を発行してもらいます。
2.役所で転出届の手続きを行います。
3.引越し先の役所で転入届の手続きを行い、新しい住民票を発行してもらいます。
4.新しい住民票を教育委員会に提出して、「転入学通知書」を発行してもらい、学校の指定を受けます。
5.指定を受けた学校に「在学証明書」「教科書受給証明書」「転入学通知書」を提出します。

 

以上で転校の手続きは完了です。