お得に引越しできる情報がギッシリ!

車庫証明と車の登録変更が必要なので注意!

車を持っている人は、引越し先で車庫証明と車の登録変更を行う必要があります。

 

どちらの手続きも、引越し後15日以内に手続きをする決まりになっていますが、
それぞれ管理する役所が違うので、一度に済ませることは出来ません。

 

また書類の発行までに時間がかかるものもあるので、
余裕をもって手続きを行いましょう。

 

バイクの引越し手続きに関してはこちらの記事へ

 

 

車庫証明の変更手続き

 

車庫証明の手続きは、新住所を管轄する警察署で行います。
手続きは原則として本人が行うことになっています。
以下の書類を持参して、早めに手続きを済ませましょう。

  • 印鑑
  • 駐車場の賃貸契約書(正式には「自動車保管場所使用承諾証明書」)
    →駐車場を借りている人は大家さんや管理会社から発行してもらいましょう
  • 手数料(2000円〜3000円程度。地域によって金額が違います)

 

申請書(警察に設置されています)には、車の細かい内容を記入する欄があるので、
当日は車検証などを持参しておくと良いでしょう。

 

具体的には次の内容の記載が求められます。

  • 車の保管場所の見取り図や配置図など
  • 自動車登録番号
  • 車名
  • 型式
  • 車台番号

 

以上の書類を提出すると、3日後に車庫証明書が発行されるので、
次は車の登録変更を行いましょう。

 

 

車の登録変更手続き

 

車の登録変更手続きとは、いわゆる「車検証」の内容を変更する手続きです。

 

こちらは警察署ではなく、所轄の「陸運局」で行います。
あまり馴染みのない役所ですが、警察所よりも管轄地域が広いので、
あらかじめ場所を確認しておきましょう。

 

またディーラーなどに依頼して、手続きを代行してもらうことも可能です。
時間の無い人や、陸運局が遠い地域の人は、代行を依頼した方が簡単かもしれません。

 

変更手続きには、以下の書類が必要になります。
車検証(自動車検査証)

  • 印鑑
  • 車庫証明(自動車保管場所証明書)
  • 住民票
  • 委任状(ディーラなどに代行してもらう場合)

 

もし引越した地域が旧住所とは違う管轄の陸運局だった場合は、
ナンバープレートも変更になるので、車を持参してナンバープレートを付け替えてもらう必要があります。

 

ナンバープレートの付け替えには手数料がかかるので、その点も覚えておきましょう。

 

ナンバープレート変更手続き

  • 登録手数料 350円
  • ナンバープレート代(大板前後2枚) 1,960円〜2,310円
  • ナンバープレート代(小板前後2枚) 1,440円〜1,880円