お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越し一週間前に連絡を

水道局への手続きについて
引越しが決まったら水道局に引越しの連絡をします。

 

引越し直前は忙しくて連絡を忘れてしまうこともあるので、
できれば一週間前くらいには連絡をしておきましょう。

 

閉栓の手続きでは立会いの必要はないので、
連絡をした際に閉栓の仕方や清算の方法などを確認します。


連絡は電話かインターネットで行います。
次の情報が必要になるので準備しておきましょう。

  • 契約者名
  • 現住所
  • 連絡先
  • お客様番号(料金明細などで確認)
  • 引越し日時
  • 新住所
  • 清算方法

 

部屋を出るときに自分で水道の元栓をしめる必要があります。
一般的には屋外に設置されているので、元栓の場所も確認しておくと良いでしょう。

元栓をしめるときには、メーターをチェックしておくと、
後日、請求書で内容が正しいかどうか確認できるので安心です。

 

また水道料金が月極になっている住宅は、
月の途中で退去しても1ヶ月分の水道料金がかかることがあるので、
事前に管理会社に確認するようにしましょう。

 

 

引越し後は早めに申し込みを

 

新居に到着したら水道の元栓を開けて水を使い始めます。
このとき元栓を開ける前に、しっかり元栓が閉まっていたことを確認することが大切です。

 

元栓が閉まっていなかった場合は、前の住人が閉め忘れていた可能性があるので、
後々、料金トラブルになる恐れがあるからです。

 

立会いはとくに必要ありませんが、、
水道局にはあらかじめ連絡をして、使い始める日をしっかり伝えておきましょう。

 

こちらの連絡も電話かインターネットで行うことができます。

 

引越し後に契約書が届いたら支払い方法などを決めて、
できるだけ早く申し込みを済ませるようにしましょう。