お得に引越しできる情報がギッシリ!

住所変更をしないと2重払いになることがあります

新聞を購読している人は、
引越しの1週間前には、住所変更か解約の連絡をしましょう。

 

新聞の販売店が新住所にも対応していれば、
販売店に引越し日と新住所を連絡して、配達先を変更してもらいます。

 

引越し先が遠方の人や、別の新聞に変えたい人、まだ新聞をとるかどうか決めていない人は、
とりあえず最終の配達日を伝えて、清算の方法を確認しておきましょう。

 

手続きを忘れてしまうと、
引越し後も旧住所の新聞代を請求されてしまうので注意が必要です。

 

 

インターネットでもできる住所変更

 

購読している新聞によっては、
新聞社のホームページにも住所変更の手続き方法が掲載されていることがあります。

 

引越し後も引き続き同じ新聞を購読する場合には、
インターネットで手続きを行っても良いでしょう。

 

引越し先が遠方の場合なども、新住所に近い販売店からの配達手配をしてくれるので、
引越したその日から新聞を読むことができます。

 

支払い方法などの変更など、各種手続きが24時間インターネット上でできるので、
時間が無い人にも便利でうれしいサービスです。