お得に引越しできる情報がギッシリ!

市外へ引越すときは「資格喪失届」を

国民健康保険に加入している人で、引越し先が他の市区町村の場合は、
今の住所地の役所で国民健康保険の「資格喪失届」の手続きが必要です。

 

引越し後14日以内に手続きをする決まりになっていますが、
引越し先が遠い人は、引越した後では前の住所地にわざわざ戻らなければならないので面倒です。

できれば引越し前に、転出の手続きをするときにあわせて行いましょう。

 

手続きの際には、印鑑、保険証、身分証が必要になります。

 

そして引越し後は、新住所地の役所で加入の手続きを行います。
この際には、印鑑、保険証、転出証明書、身分証が必要になるので、
あらかじめ前の住所地の役所から「転出証明書」をもらっておきます。

 

加入の手続きも、転入の手続きとあわせて行うとスムーズです。

 

健康保険はいざというときに必要になる大切なものです。
手続きが遅れると病気や怪我の時に保険が使えなくなってしまうので、
引越し後はすみやかに手続きを済ませるようにしましょう。

 

 

同一市内であれば手続きの必要はありません

 

同一市区町村内での引越しの人は、引越し後に役所で「転居届」の手続きをすると、
自動的に国民健康保険の住所も変更されます。

 

手続きが済むとその場で新しい保険証が発行されます。

 

しかし転居届の手続きを怠ると、
いざというときに健康保険が使えない期間が出来てしまうなどのトラブルの原因になるので、
こちらもすみやかに手続きを済ませることが大切です。