お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越し後30日以内に手続きを

犬を飼っている人は、引越し後に新住所地の役所または保健所で、
飼い犬の登録変更の手続きを行います。

 

手続きの場所は市区町村ごとに違うので、
引越し後に役所に問い合わせて確認しましょう。

 

手続きは引越し後30日以内に行う決まりになっています。

 

変更届をする際には、印鑑とあわせて旧住所地の役所からもらった
「鑑札」と「狂犬病予防接種済証」を持参して、
新住所地で新たに鑑札を発行してもらいます。

 

犬は病気などの関係から、飼い主は責任をもって管理することが求められます。
これらの手続きに違反した時は、罰則が科せられることもあるので注意しましょう。

 

 

同一市内なら転居届だけでOK

 

同一市内で引越す場合は、
転居届を出す際に、あわせて犬の登録変更の申請をするだけでOKです。

 

人の引越しと同じく「転居」の場合は手続きも簡単ですが、
それゆえに手続きが遅くなったり、忘れたりしやすいものです。

 

犬も大切な家族の一員ですから、不備なく手続きを済ませるようにしましょう。