お得に引越しできる情報がギッシリ!

市外への引越しは印鑑登録の廃止手続きを

現在の住所地で印鑑登録を行っている人が市外へ引越す場合は、
転出の手続きとあわせて印鑑登録の廃止手続きを行いましょう。

転出届が出されると、自動的に印鑑登録が抹消される自治体もありますが、

念のため印鑑登録の廃止手続きが必要がどうか、確認することをおすすめします。

 

転出届を出して、役所から発行された印鑑登録カードを返却すると、
廃止手続きが完了します。

 

一方、同じ市内での引越しの場合は、
転居届を出すと自動的に印鑑登録の住所地も変更されます。

 

 

引越し後は新しい住所地で印鑑登録を

 

引越し後に印鑑登録をする場合は、新しい住所地の役所で印鑑登録を行いましょう。

 

登録する印鑑と身分証を持参して、役所の窓口で手続きを行います。
手数料などの費用はとくにかかりません。

 

本人が手続きをする場合は、その日のうちに登録はできるので、
印鑑登録が必要になった時に登録しても良いでしょう。

 

ただあらかじめ登録することが分かっている人は、
転入の手続きとあわせて行う方が二度手間にならず簡単です。

印鑑登録は委任状さえあれば、第三者が行うことができます。
ただしこの場合は、即日登録することは出来ない可能性があります。
自治体によって管理の仕方が違うので、詳しくは役所に問いあわせてみましょう。