お得に引越しできる情報がギッシリ!

固定電話の引越しは1週間前までに済ませよう

固定電話を利用していて、新居でも引き続き利用したい人は、
NTTの116に電話するか、Web116から引越しの手続きを行います。

 

引越しの1週間前までには連絡をして、新居の回線状況などを調べてもらいます。

電話回線をインターネット回線としても利用している人は、
電話のみの引越しに比べて時間がかかるので、
引越しが決まった時点でできるだけ早く連絡するようにしましょう。

 

また引越しを機に新規に申し込みをする人は、
回線をインターネットでも利用するのであれば、
同時に申し込みをした方が手続きが一気に済んで簡単です。

 

 

回線の種類によって引越しの手続きが違います

 

固定電話の回線は、現在次の3種類に分かれます。

 

電話のみに回線を使う「アナログ回線」、
ISDNやADSLなどインターネットにも回線を分割して使う「デジタル回線」、
そして光ブロードバンドを利用した「光回線」です。

アナログ回線のみの引越し手続きであれば、局内工事のみで2,000円程度で済みますが、

それ以外の場合には、新居が利用したい回線サービスに対応していないと、
立会いでの工事が必要になり、その際には費用も高くなる可能性があります。

 

まずは自分が今契約している回線を、新居でもそのまま利用できるかどうかを確認しましょう。
工事が必要な場合もあるので、余裕をもって日程を組むことが大切です。

 

とくに3〜4月の引越しシーズンには、工事の予約も混み合っているので、
引越しの直前に連絡しても希望日に予約が取れない場合もあります。

 

引越しが決まったらNTTに早めに連絡をして、
新居でもスムーズに電話を使い始められるようにしましょう。