お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越しをする際にはどんな手続きが必要?記事一覧

違う市区町村に引越すときには、現在の住所地の役所で「転出届」の手続きを行います。転出届は引越し後14日以内に届け出ることになっていますが、引越しをしてからでは、わざわざ前の住所地に足を運ぶことになって面倒です。できれるだけ引越し前に済ませて...
「転入届」とは他の市区町村へ引越した際に必要になる手続きです。市区町村では国民健康保険(以下、国保)や国民年金などを管理しています。そのため引越し先が今までの市区町村以外の場合には、新しい住所を管轄する役所に住民として登録する必要があります...
引越しが決まったら、引越しの1週間くらい前までに電力会社に連絡をします。電気を止めて、それまでの料金を精算する必要があるからです。退去するときに立会いをして清算してもらう方法と、後日清算してもらう方法があります。立会い清算は、その場で係りの...
今の住まいでガスを使っている人は、ガス会社に連絡してガスの閉栓の手続きを行います。ガスをとめる時には、基本的にはガス会社の立会いが必要になります。引越し日が決まったら連絡をしますが、遅くても一週間前までには連絡しておきたいものです。とくに引...
引越しが決まったら水道局に引越しの連絡をします。引越し直前は忙しくて連絡を忘れてしまうこともあるので、できれば一週間前くらいには連絡をしておきましょう。閉栓の手続きでは立会いの必要はないので、連絡をした際に閉栓の仕方や清算の方法などを確認し...
引越しが決まったら、郵便局で郵便物を新居に転送してもらう手続きをしましょう。郵便局の窓口で「転居届」に記入して提出するだけで、1年間新住所に郵便物を無料で転送してくれる便利なサービスです。窓口での手続きの他に、所定用紙に記入して投函する方法...
インターネットプロバイダの引越し手続きは、2〜4週間と時間がかかります。引越し直後からインターネットを使い始めたい人は、引越しが決まったら、すぐに契約しているプロバイダに連絡しましょう。引越しの手続きは、インターネットからプロバイダの専用ペ...
固定電話を利用していて、新居でも引き続き利用したい人は、NTTの116に電話するか、Web116から引越しの手続きを行います。引越しの1週間前までには連絡をして、新居の回線状況などを調べてもらいます。電話回線をインターネット回線としても利用...
子どもがいる家庭では、引越しの際に学校の転校手続きが必要です。引越し先が同じ市区町村内かそれ以外の地域かによって、手続きが違うので注意しましょう。また転校は子どもの心理的な負担が大きいので、子どもが新しい環境に慣れるよう、親が配慮してあげる...
運転免許の住所変更は、引越し先の住所を管轄する警察署か運転免許センターで行います。役所などの手続きも合わせると、こうした手続きで半日以上かかる可能性があるので、事前に経路などを確認して、効率よくまわれるようにしましょう。また引越し前には特に...
銀行の支店変更は、正式には「移管」という手続きになります。支店が変わるので口座番号も変わり、通帳やATMカードなども変わります。移管手続きには1週間くらい時間がかかるのが一般的です。つまり全く新しい口座を開設するよりも、手間がかかってしまう...
引越しが済んだら、早めにクレジットカードの住所変更を済ませましょう。クレジットカードはお金にからむ犯罪のターゲットになりやすいもの。住所変更をしないと、明細書などの重要書類が手元に届かなかくなってしまいます。その上、他の人の目に触れる可能性...
国民年金に加入している人が引越した場合の手続きは、被保険者の種類によって手続きの方法や届け先が違います。いずれも引越し後に必要になる手続きなので、引越し前に役所などに届ける必要はありません。第1号被保険者(アルバイト、学生、自営業、無職など...
国民健康保険に加入している人で、引越し先が他の市区町村の場合は、今の住所地の役所で国民健康保険の「資格喪失届」の手続きが必要です。引越し後14日以内に手続きをする決まりになっていますが、引越し先が遠い人は、引越した後では前の住所地にわざわざ...
生命保険の契約をしている人は、引越し後に住所変更の手続きを行いましょう。とくにいつまでと決まってはいるわけではありませんが、早めにすませるのがベターです。手続きをしないと、保険会社からの連絡が届かなくなったり、保険を使うことになったときに、...
現在の住所地で印鑑登録を行っている人が市外へ引越す場合は、転出の手続きとあわせて印鑑登録の廃止手続きを行いましょう。転出届が出されると、自動的に印鑑登録が抹消される自治体もありますが、念のため印鑑登録の廃止手続きが必要がどうか、確認すること...
車を持っている人は、引越し先で車庫証明と車の登録変更を行う必要があります。どちらの手続きも、引越し後15日以内に手続きをする決まりになっていますが、それぞれ管理する役所が違うので、一度に済ませることは出来ません。また書類の発行までに時間がか...
バイクを持っている人は、引越し後15日以内に所定の役所で変更手続きを行いましょう。ただしバイクの排気量によって、管轄する役所も手続きの方法も違うので、あらかじめ内容を確認して、スムーズに手続きをすすめるようにしましょう。原付バイクの場合原付...
「子ども手当」は市区町村などの各自治体が管理していて、中学生までの子どもがいる家庭では、状況に応じて手当てが支給される制度です。そのため引越しで市外に引越す場合には、今の住まいで申請している、子ども手当をとめる必要があります。その際の手続き...
テレビを持っている人はNHK受信料を支払うことが義務付けられています。NHKはスポンサーなどから資金提供を受けず、受信料と国の予算で製作全般を行っているからです。とくに地上波デジタル放送は、衛星放送のようにスクランブルがかからないので、NH...
新聞を購読している人は、引越しの1週間前には、住所変更か解約の連絡をしましょう。新聞の販売店が新住所にも対応していれば、販売店に引越し日と新住所を連絡して、配達先を変更してもらいます。引越し先が遠方の人や、別の新聞に変えたい人、まだ新聞をと...
犬を飼っている人は、引越し後に新住所地の役所または保健所で、飼い犬の登録変更の手続きを行います。手続きの場所は市区町村ごとに違うので、引越し後に役所に問い合わせて確認しましょう。手続きは引越し後30日以内に行う決まりになっています。変更届を...
引越しでは、パスポートの住所変更の手続きは必要ありません。本来パスポートは海外へ出国する際に必要になる書類なので、渡航者情報として要点のみが記載されています。そのため頻繁に変わる可能性のある、住所や電話番号などは記載内容には含まれないのです...