お得に引越しできる情報がギッシリ!

急な辞令には、とりあえず身の回りのものだけで引っ越そう

急な辞令の場合は最低限の荷物だけを持って引っ越そう
急な辞令で単身赴任をしなければいけなくなったときは、
普通の引越しの手順をふんでいる暇はないので、
とりあえず必要最低限の身の回りのものだけを持って
引越しましょう。


寝具や洗面用具、カーテンなどは引越し初日から必要になります。
また仕事用の衣類も何着かまとめて持っていくようにしましょう。

 

引越し業者の予約が間に合わなくても、
荷物があまり大きくなければ、宅配便などでも送ることができます。

 

 

足りないものは買い足したり、家族に送ってもらいましょう

 

引越しの荷造りが間に合わない人は、
新居に到着してから生活用品をそろえても良いでしょう。

 

単身者向けの安い家具や家電などもあるので、
無理に荷物を送るよりも、安く済むこともあります。

 

足りないものは後から家族に送ってもらうなどして、徐々に生活用品をそろえていけば良いですが、
あまり大荷物になると引越し費用が高くなるので、
できるだけ荷物を小さくして「単身パック」などを利用することをおすすめします。