お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越し費用を限界まで安くするためのコツ大特集!

引越し業者の費用を激安にするコツについては、
こちらのページで詳しく解説しましたが、他にもお得な節約方法があります。

 

知っておけばきっと得するコツをまとめて紹介しますので、
これから引っ越す人はぜひ参考にして下さい。

 

早期割引を利用する

引越し費用を限界まで安くするためのコツ大特集!
早期割引とは、業者を早めに契約することで
割り引きしてもらえるサービスです。

 

2週間から1ヶ月以上前に申し込むと、
1000〜2000円程度値引きしてくれます。


クロネコヤマトは「早期申込割引」として、14日前までの申し込みで1,050円の割引が受けられますが、

他のサービスとの併用ができないことと、ハイシーズンには利用できないなどの制約があります。


このような規定の割引サービスがない業者の場合は、
担当者の判断によるところが大きいので、値引き率は一定ではありません。

 

また、実は1000円程度の割引なら、値引き交渉でも簡単に安くしてもらえるので、
規定の早期割引を利用しても、あまりお得感はないかもしれませんが、
引越しの一括見積もりサービスと合わせて考えるとお得になります。

 

早期割引が有効になるくらい、日程に余裕をもって一括見積もりをすれば、
最安値の業者から、さらに1000〜2000円程度の値引きを引き出すことができるからです。

 

引っ越すことが決まったら、なるべく早めに見積もりを申し込みましょう。

 

 

午後便やフリー便を利用する

 

引越しではどの時間帯に引越すかによっても、引越しの費用が大きく変わります。

 

一番高いのが、午前便と呼ばれる朝一番の引越し作業です。
業者の到着時間が正確で、新居でも荷解きにじっくり時間をかけることができるので、
人気が高い時間帯ですが、その分料金も割高になります。

 

一方、午後便やフリー便と呼ばれる、「開始時間指定ができない便」は、
午前便に比べて料金が安いことが魅力です。

特にその日の最終作業として行われるフリー便は、
時間に余裕がある人には、費用をかなり抑えられるのでおすすめです。

ただしハイシーズンなどは、業者到着が深夜になることもあるので、
荷物量や周囲の環境なども考えて、利用するかどうを決めましょう。

 

 

平日割引を利用する

引越し費用を限界まで安くするためのコツ大特集!
引越し費用を抑えるためには、曜日選びも重要です。

 

引越しは大きなイベントなので、作業は最低でも1日かかります。
そのため土日や祝日などに、片付けをしながらゆっくり引越したいという人は多いもの。


つまり土日祝日は引越し業者のニーズが高くなります。
そうなると、当然料金も高くなってしまいます。

 

一方平日は、仕事を休めないという人が多いので、引越す人は少なめです。
業者としては平日も予約を埋めたいので、料金の値引交渉がしやすくなります。

交渉しだいでは、規定の割引率よりもさらに値下げに応じてくれることもあるので、
時間的に余裕がある人は、平日の引越しが狙い目です。

 

月末月初や大安を避ける

 

引越し料金の相場は、月の途中でも変動します。
同じ月の中でも、月末月初は引越す人が増えるためです。

賃貸物件に暮らしている人は、月極で家賃を払っていることが多いので、

無駄な家賃出費を避けるために、きりの良い月末に引越したいと考えるからです。


そして月末に引越せなかった人が、月初に流れ込むので、
月初も引越す人が比較的多くなるわけです。

 

もし家賃の日割り交渉ができるのであれば、あえて月末に引越す必要はありません。
業者が空いている月の中旬あたりを狙って、引越し日を決めましょう。

 

また、縁起などを担ぐ人は、大安などの引越しに適した日を希望することがあるので、
気にならないようであれば、こうした日も避けた方が業者との交渉はスムーズになります。

 

 

2〜3月の引越しを避ける

 

引越しでは「繁忙期」と呼ばれる、件数が急増するハイシーズンがあります。
1年の中でもっとも引越し件数が増えるのが、ご存じの通り2〜3月です。

進学や就職、転勤が4月に集中するため、この時期に合わせて引越す人が増えるからです。

業者はこの時期になると、ハイシーズン料金などを設定していて、
それ以外の時期と比べて、2倍近くの高い料金になることもあります。

 

さらにこの繁忙期には、業者はほとんど値引き交渉には応じてくれません。

そのため、この2〜3月の時期を避けて引越しプランを組むことが、
費用を抑える上で大きなポイントになります。

どうしてもこの時期に引越す必要がある人は、
早めに業者と交渉を始めたり、4月中旬以降に引越しをのばすなど、
少し余裕を持って引越しプランを作ることをおすすめします。

 

 

複数の業者から相見積もりをとる

 

引越し業者選びでは、相見積もりはもはや常識ですね。
相見積もりをせずに契約すると、必ず損をするので注意しましょう。

相見積もりというのは、複数の業者から見積もりを取って比較することです。
多少面倒ですが、一番効果が大きいので必ずやりましょう。

この時に便利なのが、すでに紹介したインターネットの一括見積もりサービスです。

 

以前は電話帳などから、目ぼしい業者を選んで電話するのが一般的でしたが、
何度も同じことを説明しなければいけなかったり、
仕事で忙しい人は、業者の営業時間内に電話ができなかったりと、とても不便でした。

 

しかし一括見積もりサービスを使えば、
たった3分程度で複数の業者にまとめて見積もり依頼をすることができます。

 

すると、すぐに各社から見積料金が返信されてくるので、
その中から一番料金が安くてお得な業者を選ぶだけでOKです。

 

これをやるだけで、数万円以上も料金が変わることもあるので、
引越し前には必ず利用するようにしましょう。

 


一括見積もりサービスは、上記のフォームから簡単に申し込むことができます。
もちろん無料で使えるサービスなので、余計な費用はかかりません。