お得に引越しできる情報がギッシリ!

洋服の梱包は必要ない場合も

洋服をタンスや衣装ケースにしまっている人は、そのまま運んでもらえる可能性があるので、
事前に業者に確認することをおすすめします。

 

衣類は下着なども含めるとかなりのボリュームになるので、
いちいちダンボールに詰めなおすのは大変です。

 

荷物のカサもその分大きくなるので、引越し料金が高くなる可能性もあります。

 

業者によっては引き出しに衣類が入ったままでも運んでくれるところもあるので、
予約するときに確認してみると良いでしょう。

 

ただしタンス自体が重い場合は、運べないこともあります。

 

 

業者からハンガーBOXを借りましょう

 

大手の引越し業者は、ハンガーBOXを無料で貸し出してくれる場合があります。

 

ハンガーBOXとは、スーツやコートなどの折りたためない衣類を、
ハンガーにかけたまま吊るして運ぶことができる専用BOXのことです。

 

クローゼットからそのまま専用BOXにかけかえるだけで済むので、
梱包の必要がなくとても簡単で便利です。

 

一つのBOXに春夏物のスーツで10着程度がおさまります。

また引越しの翌日から使う衣類も、ハンガーBOXに入れて運べば、
皺になる心配もなく、取り出すのに探す必要がありません。

 

業者によっても貸し出し数には限りがあるので、
予約の際にいくつくらい貸してもらえるか確認してみましょう。