お得に引越しできる情報がギッシリ!

皿は縦に箱詰めしましよう

お皿やお茶碗などの割れ物を上手に梱包するコツ
お皿をダンボールに詰めるときは、縦に並べるようにしましょう。

 

つい横置きで上に重ねてしまいがちですが、
上からの重さで割れてしまうことがあるからです。

 

皿どうしがぶつからないように、
一枚ずつ新聞紙や緩衝材などで包みましょう。


箱の底にタオルや新聞紙を敷いて、その上に皿を縦に並べます。
皿の間にダンボールなどを挟むとより安全です。

 

 

茶碗は口の広い方を下にして

 

ご飯茶碗などの食器は、口の広い方を下にして箱詰めしましょう。
要はお茶碗をさかさまにして詰めるということです。
この方が、食器が安定して壊れにくくなります。

 

皿と同じように一個ずつ新聞紙で包んで、
できるだけ同じ大きさの茶碗を重ねるようにしましょう。

 

 

箱の中にはすき間ができないようにして

 

食器類の破損のほとんどが、
食器どうしがぶつかって割れてしまうというケースです。

 

箱の中にすき間があると、
運ぶ途中で食器が動いてぶつかり合ってしまいます。

こうした事故を防ぐためには、箱にすき間を作らないことが大事です。
すき間には新聞紙やタオルなどをつめて、箱の中身が動かないように固定しましょう。

 

また食器を新聞紙で包むときは、必ず一枚ずつ包みます。
同じサイズの食器をまとめて包むと、破損の原因になるので絶対にやめてください。

 

また食器類は重さがあるので、小さめのダンボールを利用しましょう。