お得に引越しできる情報がギッシリ!

観葉植物の水やりは前日は控えよう

観葉植物を育てている人は、引越し前には水やりを控えて、
プランターから水がこぼれださないようにしましょう。

 

引越し前日に水やりをすると、水が漏れて他の荷物を汚してしまうことがあるので要注意です。

 

観葉植物を梱包するときには、ダンボールにプランターを入れて、
土がこぼれださないようにします。

たくさん観葉植物を持っている人は、
小さめのダンボールを使って、少しずつ梱包するようにしましょう。

 

たくさんつめすぎると、重さでダンボールの底が抜けたり、
植物どうしがぶつかって葉が痛んでしまうことがあります。

 

ダンボールの中にすき間が出来たときは、プランターが倒れないように、
すき間に新聞紙などをつめると良いでしょう。

 

また大きめの観葉植物で、枝や葉が大きくはみ出している場合は、
緩衝材や巻きダンボールで出ている部分を覆いましょう。

 

 

観葉植物は運んでくれない業者もあります

 

引越し業者の中には観葉植物を運んでくれないところもあります。

観葉植物が「荷物」ではなく「生き物」として扱われるためです。

つまりペットなどと同じ扱いになるわけです。

 

搬送中のトラックの中は植物にとっては心地よい環境とはいえません。
デリケートな植物だと葉が落ちたり、枯れることもあるので、
こうしたトラブルを避けるために、輸送を断わられるケースもあります。

 

また観葉植物は積み重ねることができないので、
大型の植物は、荷台の場所をとることも敬遠される理由です。

 

大切に育てた植物が傷ついてしまったり、葉が落ちてしまっては大変なので、
専門の業者に頼むことも考えてみましょう。