お得に引越しできる情報がギッシリ!

冷蔵庫は引越し準備が必要

引越しで今の冷蔵庫を持っていくときは、引越しの数日前から準備が必要です。

 

引越し日が迫ったら、なるべく生鮮食品は買わずに、
冷蔵庫や冷凍庫の食品は使い切るか処分するなどして、
1日前には何も残らないようにしましょう。

 

そして引越し前日には冷蔵庫の電源を抜きます。

電源を抜く目的は、庫内の水を抜くことや自動製氷器の氷を溶かすこと、
霜取り機能のない冷蔵庫では、冷凍庫内の氷を溶かすことなどです。

 

この作業をしないと搬送中に冷蔵庫から水が漏れて、
他の荷物を汚してしまうことがあるので注意しましょう。

 

 

引越し当日の作業

 

引越し当日は、冷蔵庫内に水が残っていないか確認しましょう。
冷蔵庫の下の蒸発トレイに水がたまるので、この水を捨てます。

 

自動製氷器付きの冷蔵庫の場合は、
水を入れるトレイなどに残った水も忘れずに捨てておきましょう。

 

霜取り機能がない冷蔵庫の場合は、冷凍庫内の霜が溶けだしますので、
冷蔵庫やその周辺に水が広がらないように注意が必要です。

 

霜がたくさんついている場合は、庫内のものが取り出せない場合があるので、
こちらも当日までにはしっかり片付けるようにしましょう。

 

また霜を無理にはがそうとして道具を使うと、庫内を傷つけてしまう恐れがあります。
とくに包丁などは刃先が庫内に当たると、
配線などを傷つけて故障させてしまうことがあるので、絶対に避けましょう。