お得に引越しできる情報がギッシリ!

カーテンは新居でまず必要になる

カーテンは窓の目隠しとして、引越し後すぐに使いたいアイテムの一つです。

 

梱包したら箱に目印をつけて、分かりやすくしておきましょう。
できるだけ一つの箱にまとめておくと、取り出すときも簡単です。

 

またダンボールの奥にしまってしまうと、
探すのに時間がかかってしまうので、箱の上側に入れると良いでしょう。

 

とくに夜間は明かりをつけると部屋の中が丸見えになってしまうので、
引越したらすぐにカーテンを取り付けて、落ち着いて荷解きしたいものです。

 

 

買い換える人も処分は引越し後に

 

引越しを機にカーテンを買い換える予定の人は、
新しいカーテンが揃うまでは、今のカーテンは処分しない方が無難です。

 

多少サイズがあわなくても、現在のカーテンをつけておけば、
目隠し程度には役に立つからです。

 

引越しの荷物を小さくするために、引越し前の処分を考えている人は、
新居のカーテンが揃うように事前に手配しておく必要があります。

 

しかし引越しの直前は今の荷物の整理だけでも忙しいので、
カーテンのサイズを間違えたり、素材や色を妥協してしまったりと、失敗がおきやすくなります。

 

新居のインテリアは実際に住んでからの方が、イメージはわきやすいので、
引越し後に余裕をもって探すことをおすすめします。