お得に引越しできる情報がギッシリ!

美術品の破損は引越し保険の対象外になので注意

美術品やアンティーク家具など高価な品物は、
引越し保険を追加でかけることをおすすめします。

 

業者は通常「運送業者貨物賠償責任保険」に加入していて、
引越し中に起きた荷物の破損や事故は、この保険でカバーされることになっています。

 

上限が1000万円までと決まっていますが、
1000万円に満たない場合でも、全額が補償されるわけではありません。

保険会社の査定によっては、満足のいく補償が得られない可能性もあります。

 

業者は荷物に破損があった場合、次の手順で補償をするのが基本です。
< 修理 → 代替品の提供 → 弁償 >

 

美術品やアンティーク家具は、
修理や代替品を用意することが難しいため、業者からも敬遠されます。

 

こうした品は、価値のはかり方も難しいので、
とくに高価な品物の場合は、必ず別途で引越し保険に加入しましょう。

多く業者が損保会社と契約しているので、
引越しを申し込む際に、追加で保険に加入したいことを伝えて、手続きの方法を確認しましょう。

 

特に扱いに注意が必要な品物は専門業者に

 

特に扱いが難しい品物や、絶対に破損したくないものは、
専門の業者に頼んで運んでもらうことをおすすめします。

 

専門業者の方が取り扱いに慣れているので、
梱包や搬送などもより安心して任せることができます。

 

骨董品などは壊れてしまうと、元に戻すことも、買いなおすこともできなくなってしまうので、
面倒でも別で運ぶことを検討してみましょう。