お得に引越しできる情報がギッシリ!

事前の準備が荷造りの成功のカギ

荷作りをする前に準備しておくものをチェック!
引越しが決まったら、早速始めたいのが「荷造り」です。

 

荷造りをするためには、荷造り用の資材の準備が必要です。
荷物を整理しようと思い立ったときに、すぐに作業が始められるよう、
資材の準備は事前に進めておくことをおすすめします。

 

たとえ一人暮らしの荷物でも、荷造りは大変なものです。
さらに引越し前には部屋中に荷物が散乱しやすいので、
スムーズに荷物が片付くように、早めに準備を進めましょう。

 

 

どんな資材が必要になる?

 

引越しで必要な荷造り用の資材は、次のようなものです。
無料で手に入るものもあるので、余裕をもって計画的に資材集めをしましょう。

 

ダンボール

荷造りに必須のアイテム。
一人暮らしで20個、4人家族で100個程度が必要目安量です。

 

ガムテープ

ダンボールのふたをふさぐときや、ばらばらになりやすいものをまとめる時に。

 

マジック

ダンボールに中身を書く時に。

 

ビニールテープ

大型の荷物や組み立て家具の部品を固定したり、まとめる時に。

 

新聞紙

細かいものをまとめたり、食器を包む緩衝材としても。
1〜2週間分くらいあると安心です。

 

軍手

荷造りや家具の組み立て、移動などの時の手の保護に。
内側がシリコンゴムのものは滑りにくいのでおすすめです。

 

セロテープ

小物を固定する時にあると便利。

 

輪ゴム

小物を固定したり、調味料や洗剤などの口をふさぐ時にあると便利。

 

はさみやカッター

ダンボールやテープのカットに。

 

ビニール袋

小物をまとめたり、液体容器を入れるのに便利。ゴミ袋としても。

 

工具

家具や家電の組み立てなど。

 

ふる布

緩衝材や雑巾としても便利。

 

布団袋

布団の梱包。

 

 

無料サービスを活用しよう

 

これらの荷造り用の資材は、もちろん買うことができますが、
引越し後はゴミになってしまう資材も多いので、
できるだけお金をかけずにそろえるのが理想です。

 

ダンボールはドラッグストアなどから中古ダンボールをもらってきたり、
引越し業者の無料サービスのダンボールなどを使うと良いでしょう。

 

新聞紙は大目に確保しておきたいところ。
もし新聞をとっていなければ、知人などにたのんで譲ってもらいましょう。

 

ふる布も荷物整理の際に、使わなくなったタオルや古着を活用すると、
ごみを減らすことにもなるので効率的です。

引越しはまとまったお金がかかる、一大イベントです。 できるだけ無料のサービスを利用して、費用を節約することが大事です。