お得に引越しできる情報がギッシリ!

カップやグラスの箱詰めは縦置きで

コーヒーカップやグラスは、お皿やお茶碗の梱包と同じように、
口の広い方を下にして、縦置きに箱詰めします。

 

足を下にしたり、横置きにすると、上の重さで割れる可能性があるので注意しましょう。

 

また同じサイズや形のものを重ねて、
できるだけすき間をつくらないようにしましょう。

 

 

コーヒーカップの上手な梱包方法

 

コーヒーカップはのみ口と取っ手の部分が壊れやすいので、
この箇所を重点的に保護しましょう。

 

新聞紙などでまずは取っ手を保護してから、全体を包みます。
カップの内側に新聞紙などを丸めて詰めても良いでしょう。

 

一つずつ梱包したら、逆さまになるように重ねて箱詰めします。

 

 

グラスの上手な梱包方法

 

グラスは足の部分が最も折れやすい部分です。

 

まずは足を新聞紙や緩衝材で巻いて保護し、さらに全体を包んで円柱状の形にします。
箱詰めするときは、グラスも横置きは厳禁です。

 

グラスはとくに壊れやすいので、上にはなにも重ねないことが原則です。
しかしグラスのサイズによっては、ダンボールにすき間ができることがあります。
すき間には新聞紙やタオルを詰めたり、衣類を緩衝材のかわりに入れても良いでしょう。

 

またグラスを小さい箱に小分けに入れて、
ダンボールに箱ごと収めると、効率よく梱包することができます。