お得に引越しできる情報がギッシリ!

上手に荷作りするコツを教えて!記事一覧

引越しが決まったら、早速始めたいのが「荷造り」です。荷造りをするためには、荷造り用の資材の準備が必要です。荷物を整理しようと思い立ったときに、すぐに作業が始められるよう、資材の準備は事前に進めておくことをおすすめします。たとえ一人暮らしの荷...
引越しは荷物を整理する良い機会です。不要なものは思い切って処分してしまいましょう。処分する際には、リサイクルするもの、ゴミとして処分するものに分け、さらにゴミの種類ごとに分別してまとましょう。ゴミは大量にでる可能性があるので、計画的に処分し...
引越しの荷造りにはダンボールを大量に使います。いちいち買っていたら、それだけでも結構なお金がかかってしまいます。ダンボールはスーパーやドラッグストアで簡単に無料で手に入るので、まずは近所のお店を回ってみることをおすすめします。お店の人に聞く...
本をダンボールに梱包する人は、詰め込みすぎに注意しましょう。本は形が一定で、すき間無く梱包できるので、ついつい詰め込んでしまいやすいものです。気づいたときには持ち上げられないほどに、荷物が重くなってしまうことがあります。重すぎる荷物は移動が...
CDやDVDを梱包する時には、箱に縦に詰めるのが基本です。横に重ねてしまうと、上からの重さで割れてしまう可能性があるからです。1枚ずつケースに入っている場合はもちろん、CDケースに何枚か収納しているものも、箱に詰めるときは縦に並べましょう。...
掃除用具やトイレットペーパーは、新居でもすぐに使うものです。これらはダンボールに目印をつけて、わかりやすくしておきましょう。また箱の奥にしまいこんでしまうと、取り出すのに時間がかかってしまい面倒です。箱の上側に入れて、すぐに取り出せるように...
引越しで今の冷蔵庫を持っていくときは、引越しの数日前から準備が必要です。引越し日が迫ったら、なるべく生鮮食品は買わずに、冷蔵庫や冷凍庫の食品は使い切るか処分するなどして、1日前には何も残らないようにしましょう。そして引越し前日には冷蔵庫の電...
引越し先に洗濯機を持っていく場合は、引越しの前日までに必ず水抜きをしましょう。冷蔵庫の引越しの場合もそうですが、水抜きをせずに移動させると、運んでいるときに水が漏れて手が滑ったり、トラックの中でも他の荷物を汚してしまう可能性があるからです。...
液晶テレビやDVDレコーダなどの配線は、一ヶ所に集中しているので、どこに何を差し込めばよいのかわからなくなってしまいますよね。そこでおすすめしたいのが、配線を外すときにコードにテープを巻いて、メモをつけておくことです。配線コード用のメモタグ...
お皿をダンボールに詰めるときは、縦に並べるようにしましょう。つい横置きで上に重ねてしまいがちですが、上からの重さで割れてしまうことがあるからです。皿どうしがぶつからないように、一枚ずつ新聞紙や緩衝材などで包みましょう。箱の底にタオルや新聞紙...
コーヒーカップやグラスは、お皿やお茶碗の梱包と同じように、口の広い方を下にして、縦置きに箱詰めします。足を下にしたり、横置きにすると、上の重さで割れる可能性があるので注意しましょう。また同じサイズや形のものを重ねて、できるだけすき間をつくら...
包丁など刃物類は、梱包するときに必ずダンボールで刃先を包みましょう。そのまま箱詰めしてしまうと、搬送中に飛び出して怪我をする可能性がありとても危険です。梱包するときには、刃のサイズに合わせてダンボールをカットし、ダンボールではさむようにして...
食品類は引越し前にできるだけ使いきりたいところですが、調味料は簡単には使い切れないので、残ってしまうことが多いですよね。賞味期限が迫っている場合は、処分した方が荷物も増えないので簡単です。しかし賞味期限がまだまだ先のものや、手に入りにくい調...
洋服をタンスや衣装ケースにしまっている人は、そのまま運んでもらえる可能性があるので、事前に業者に確認することをおすすめします。衣類は下着なども含めるとかなりのボリュームになるので、いちいちダンボールに詰めなおすのは大変です。荷物のカサもその...
布団を使っている人は、カサを減らすために圧縮袋を使うと便利です。布団類は空気を含んで膨らんでいるので、そのままでは荷物量が大きくなってしまいます。圧縮袋を使えば、カサは半分程度に小さくなります。特に家族で布団を使っている人は、布団自体の数も...
カーテンは窓の目隠しとして、引越し後すぐに使いたいアイテムの一つです。梱包したら箱に目印をつけて、分かりやすくしておきましょう。できるだけ一つの箱にまとめておくと、取り出すときも簡単です。またダンボールの奥にしまってしまうと、探すのに時間が...
ソファを持っている人は、引越しの際に傷がつかないように注意しましょう。とくにシート部分は柔らかいので、家具やトラックの内側などに直接触れると傷ついてしまう恐れがあります。引越し業者に頼むと、シート部分を巻きダンボールなどで保護してくれますが...
パソコンを持っている人は、引越し前に必ずデータのバックアップをとってください。たとえ引越し保険に入っていても、パソコンのデータについては補償されません。大切なデータは自分の責任でしっかり管理しましょう。落下などの大きな事故がなくても、引越し...
自前の照明器具を使っている人は、退去のときに器具を取り外す必要があります。天井についたソケットに、器具をはめ込むタイプのものであれば、まずは電源を切って、照明器具が落ちないように支えながら、ソケット部分をねじって外します。女性でもできる簡単...
観葉植物を育てている人は、引越し前には水やりを控えて、プランターから水がこぼれださないようにしましょう。引越し前日に水やりをすると、水が漏れて他の荷物を汚してしまうことがあるので要注意です。観葉植物を梱包するときには、ダンボールにプランター...
美術品やアンティーク家具など高価な品物は、引越し保険を追加でかけることをおすすめします。業者は通常「運送業者貨物賠償責任保険」に加入していて、引越し中に起きた荷物の破損や事故は、この保険でカバーされることになっています。上限が1000万円ま...
「運送業者貨物賠償責任保険」とは引越し業者が他人の荷物を運ぶ上で、破損や紛失などのトラブルにそなえて加入している保険です。引越し業者であれば、万が一のトラブルに備えて、ほとんどの業者がこの保険に加入しています。そのため利用者が特別に保険に入...