お得に引越しできる情報がギッシリ!

家賃の二重支払いとは

家賃の二重支払いとは、
賃貸住宅に住む人で「新居の家賃」と「現在の住まいの家賃」がダブルで発生することです。

 

賃貸住宅では契約した日から家賃がかかるのが一般的です。
また解約の手続きには、1〜3ヶ月前の解約予告が必要です。

 

そのため賃貸から賃貸に引越す場合、
現在の住まいの家賃と新居の家賃を同時に支払わなければいけないことがありますが、
この期間ができるだけ重ならないように設定することがポイントです。

 

引越し予定がまだまだ先なのに、あまりに早く新居の契約をしてしまうと、
新居に住まないうちから家賃が発生してしまいます。

 

そうなると現在の住まいと新居の家賃を、長い期間ダブルで支払うことになるので、
その分無駄にお金がかかってしまうわけです。

引越しの際には、こうした二重支払いができるだけ発生しないようにすることが節約のコツです。

 

 

新居の契約日と旧居の解約日を近づけるために

 

とは言え、引越し日に新居の契約をして、現在の住まいも解約するというのは、
実際には難しいことです。

 

気に入った物件が見つかった時点で新居は契約することになりますし、
現在の住まいも解約予告を事前にしなければならないからです。

 

では、どのようにすると無駄な家賃出費を避けられるのでしょうか。

 

引越しを計画する際に、
いつ頃に引越すのか分かった時点で解約日を決めて大家さんや管理会社に連絡します。

もし日程に余裕が無い場合には、すぐに解約予告を伝えましょう。

 

そして新居が決まったら、新居の契約日を大家さんや管理会社と交渉します。
できるだけ旧居の解約日と近づくように交渉してみましょう。
1週間〜10日程度なら、契約日を先延ばしにしてくれるところが多いです。

 

家賃は月極で月末や月初に翌月の家賃を払うのが一般的なので、
引越し日も月末月初にできると、家賃の無駄が少なくなります。

 

ただし引越し日が月の途中の場合は、
その分の家賃を日割り計算できないかお願いしてみましょう。
こちらも多くの場合は応じてくれるところが多いです。

 

できるだけ新居と旧居の契約が重ならないように、
引越しが決まったら計画的に日程調整を行うことが大切です。