お得に引越しできる情報がギッシリ!

2階以上の部屋はエレベータの有無で引っ越し費用が変わる

今住んでいる部屋やこれから引っ越す部屋が2階以上という人は、
エレベーターが有るかないかで、引っ越しの費用が変わります。

 

引っ越し荷物には家具や家電などの大型の荷物もあるので、
荷物の上げ下ろし作業には人手がかかります。

 

階段のみの建物の場合は、作業員の人数を増やすことになるので、
エレベーター付きの建物の引っ越しに比べて、料金が高くなる可能性があります。

 

特に階段の幅が狭かったり階数が高い時には運ぶ手間がかかるので、
作業時間がオーバーすると、その分の超過料金もかかります。

 

エレベーター付きの物件は割高になりますが、
その分短い時間で安全に荷物を運ぶことができるので、大切な荷物を傷つける心配が少なく安心です。

 

新居選びの時には、荷物の種類や量も考えて建物の設備についてもよくチェックしましょう。

 

 

周辺の環境チェックも忘れずに

 

建物の設備チェックとあわせて大切なのが、周辺環境のチェックです。

 

部屋の前の道路環境は特に重要です。
引っ越し業者はトラックを使って作業するので、
トラックが横付けできないと、住居からトラックまで荷台などで荷物を運ぶことになり、
作業時間が長くなってしまいます。

 

特にファミリー引っ越しなどで荷物が多い場合は、大型の4tトラックを使うこともあるので、
あまりに狭い道ではトラックが進入できない可能性があります。

 

100km以内の近距離引っ越しでは、「時間制」と言って作業時間が決められているので、
その時間をオーバーすると、割高な超過料金がかかってしまいます。

 

さらに荷物を移動させる距離が長くなるほど、破損する可能性も高くなります。

今住んでいる部屋の環境を変えることはできませんが、
新居の環境は次回の引っ越し費用にも関係するので、
できれば車が出入りしやすい環境を選ぶことをおすすめします。