お得に引越しできる情報がギッシリ!

自力引越しで準備すること

業者を使わずに自分たちの手で引越しをする場合には、
当たり前ですが、全部の作業を自分で手配することになります。

 

引越しに慣れていない人は、手配忘れがないように気をつけましょう。

 

自力引越しで必要になる手配には、次のようなものがあります。

  • 荷造りのための資材集め
  • 荷造り
  • トラックなどの車の手配
  • 引越し当日の手伝いの確保
  • 引越し荷物の搬出入
  • 荷解き
  • 手伝ってくれた人への慰労

 

引越し業者を利用した場合は、こうした作業のほとんどを依頼できる点で楽ですが、
便利なサービスはその分料金が高いので、できることは自力で作業したいところです。

 

しかし引越しは大型の家具や家電を移動させることもあるので、
荷物の量や大きさによっては、自力では危険な場合もあります。

まずは荷物の量や移動距離などをチェックして、
業者を利用するかどうか検討するようにしましょう。

 

自力引越しの費用

 

自力引越し=タダではありません。
場合によっては、業者に依頼するよりも費用がかさむこともあるので注意しましょう。

 

ここでは上の手配をした際の、大まかな費用を紹介します。

 

荷造りのための資材集め

ダンボール中サイズ¥100〜、ガムテープ¥100〜
ダンボールはスーパーやドラッグストアなどで無料でもらうことができますが、
ある程度の量が必要なので、引越し直前では間に合わないことも。

 

荷造りや荷解き

知人などに頼まなければ無料です。
ただし自分の労働対価を考えて計算することが大切です。
荷造りだけにあまりに時間がかかりすぎると、返って費用対価としてはマイナスになることもあります。

 

トラックなどの車の手配

自家用車を持っていて、荷物を全て積み込むことができるなら、ガソリン代だけで済みます。
レンタカーの場合は、2トントラックで約2万円/日くらいが相場です。
ガソリン代もプラスになるので、移動距離が長いとかなり高くなることがあります。

 

引越し当日の手伝いの確保

たとえ一人暮らしで荷物が少ない人でも、
冷蔵庫や洗濯機などがある場合には、知人などに手伝いを頼むことになります。
手伝いを頼む場合には、お礼としてお金を渡すのが礼儀です。

 

学生で\5,000〜、社会人では\10,000〜が一人当たりの相場です。
荷物が多く作業が長引く場合や、荷造りなどの事前準備を頼んだ場合などは、
その分も上乗せして渡すようにしましょう。

 

手伝ってくれた人への慰労

手伝ってくれた知人へのお礼の他にも、昼食や飲み物、引越し後の食事など、
慰労のための費用がかかります。

 

 

自力の方が高くなることも

 

自力引越しといっても、たった一人で引越しできるほど、引越し作業は甘くはありません。

 

荷物の量や作業内容を考えずに、安易に手伝いの人数を減らすと、
その日のうちに引越しが終わらなかったり、荷物の破損などのトラブルの原因にもなります。

素人の引越し作業では怪我も起こりやすくなるので、
知人などに怪我をさせてしまった場合には、治療費などもかかることがあります。

 

自力で引越しをしたい人は、
費用だけでなくこうしたリスクも考えて検討することが大事です。