お得に引越しできる情報がギッシリ!

引越しの人数・プランによって費用は異なる

引っ越し業者を利用した際にかかるおおまかな費用目安
引越しにかかる費用は、引越しの人数や、
プラン内容によって大きく異なってきます。

 

単身引越しの場合であればかなり安く引っ越せますが、
大人数での引越しの場合は、10万円単位の金額に
なることもあります。

 

事前に大まかな費用相場を調べた上で、
少しでも安くてお得な引越し業者を選ぶことが大切です。


ここでは、それぞれのプランごとに、大まかな目安を解説したいと思います。

 

※以下はあくまでも目安の金額となります。依頼する時期や、業者などによっても金額は変化します。

 

 

単身引越しの場合

 

一人暮らしなどの単身引越しの場合は、大型の家具や特別な荷物がないかぎり、
引っ越し業者の料金は安めに設定されています。

 

単身者向けの引っ越しパックは15,000円くらいから利用できるので、
荷物が少ない人は、こうしたサービスを利用するのがおすすめです。

 

ただし引っ越しパックは、業者が指定するサイズのボックスに荷物を入れて運ぶので、
一つでもサイズの大きな荷物があると運んでもらえないことがあります。

 

特に、冷蔵庫や洗濯機などの家電品や、
ベッドのマットレスなど、折りたためない家具がある人は、
単身パックが利用できるかどうか、事前に業者に確認してみましょう。

 

単身パックを利用せずに通常の引っ越しプランを利用する場合は、
一人暮らしで1Kくらいの広さの荷物であれば、2トントラックで十分運ぶことが出来ます。

 

100km以内の近距離引っ越しで、基本料金3万円前後に作業員1〜2名の人件費かかり、
総額で大体5万円〜6万円くらいが相場の料金です。

 

オフシーズンだと交渉次第でさらに安くなるので、必ず事前に見積もり比較を行いましょう。

ちなみに、単身パックにこだわりすぎて、複数のボックスを手配する人がいますが、
かえって料金が高くなることがあるので、必ず何社かに見積もりを依頼するようにしましょう。

 

 

二人で引っ越す場合

 

夫婦などの二人暮らしの引っ越しになると、単身引っ越しよりもぐっと荷物が増えます。
衣類が2倍になるだけでなく、ソファなどの大型家具が増えるからです。

 

二人暮らしで2DKくらいまでの荷物量の場合、
2〜3トントラックを利用した引っ越しが一般的です。

 

近距離引っ越しで基本料金は32,000円前後、作業員は2〜3名くらい必要となり、
総額で6万円〜8万円くらいが相場になります。

 

基本料金だけだと、単身引っ越しとさほど変わらないように見えますが、
作業員一人あたりの人件費は最低でも1万円はするので、
トータルの費用は数万円ほど高くなります。

 

特に大型家具や家電がある場合、または特別な荷物がある場合には
追加料金がかかったり作業員を増やす必要があるので、
さらに料金が上がる可能性があります。

 

賃貸暮らしの場合は、この先引っ越しをすることを考えて、
あまり高価な家具や家電は買わずに、買い替えもできるカジュアルなもので揃えておくと、
引っ越し費用の節約にもなるので便利ですよ。

 

 

ファミリー引っ越しの場合

 

3人以上のファミリーになると、家具や家電も大型のもので、
ちょっと高価で長く使えるものを揃える傾向があります。

 

そのため簡単に処分できなかったり、分解できない家具が多くなるなど、
引っ越しの荷物はかなり大きくなります。

 

2LDK以上の間取りの荷物を運ぶ場合には、4トントラックくらいの大きさが必要です。

 

基本料金は近距離で36,000円前後、作業員は3人以上頼むことになります。
総額では7万円〜10万円くらいが最低料金の相場です。

 

作業員の人数をケチってしまうと、作業が遅くなって超過料金がかかってしまい、
逆に高くなるケースもありますので、必要な人数はしっかり確保しましょう。

 

また荷物が多いので、梱包や荷解きが家族だけでは終わらない時には、
梱包荷解きサービスなどの利用も考えましょう。

作業員2名を頼んだ場合、梱包のみで25,000円程度かかり、荷解きも頼む時は倍額になります。 安い料金ではありませんが、小さい子どもがいる場合などは便利なサービスです。