お得に引越しできる情報がギッシリ!

新居までの距離はどのくらい?

引っ越し費用は新居までの移動距離と荷物の量で決まります
引っ越し先を決めるとき、
可能であれば近場を選びたいところです。

 

新居が遠方になると、その分引っ越し費用も上がるためです。


100km以内の近距離であれば、作業時間の長さで料金が決まりますが、
それ以上になると、一定距離ごとに追加料金がかかります。

 

例えば2トントラックを使用して引っ越した場合、
100km以内であれば15,000円〜30,000円の基本料金で引っ越すことが出来ます。

これは時間制といって、近距離引っ越しに適用される計算方法です。

4時間までと8時間までの2タイプがあり、
ドアツードアのチャーター便がこの金額で利用できます。

 

しかし100km以上では距離制が使われるので、
100〜200kmで約30,000円〜約45,000円くらい、
200km以上はこの金額から、20kmごとに約2,500円が追加され、
50km以上では、50kmごとに約6,000円が追加されます。

 

そのため同じ2トントラックでも、基本料金が10万円を超えることもあります。

 

いま紹介した料金は、国土交通省が定めた基本料金なので、
これに業者の作業員の人件費などがプラスされて、引っ越し費用はさらに高くなります。

引越し業者によって人件費などは異なるので、一括見積もりサービスなどを利用して、
安い業者を探してみるとよいでしょう。

 

引っ越しの理由はさまざまなので、転勤など引越し先が選べないこともありますが、
住み替えなどで引っ越す場合には、近場に新居を探した方が費用は安く抑えることができます。

 

 

荷物量はどれくらい?

 

引っ越し業者は作業に必ずトラックを使います。
トラックのサイズは1トン〜4トンまでがあり、
荷物の量を伝えると、業者が適当なトラックを選んでくれます。

荷物が少なければ使うトラックも小型で済むので、その分料金が安くなります。

 

1トントラックであれば、約15,000円+人件費から手配できる業者もあります。
一方4トントラックを8時間チャーターした場合は、約35,000円+人件費が目安の料金ですが、
荷物量が多くなると作業時間がオーバーすることもあるので、これ以上の料金になることも。

 

また、トラックが大きい場合は、トラックが入れる道幅があるのかなど、
周辺の環境をチェックすることも大切です。
住居に横付けできない場合は、荷物を運ぶスタッフを追加する必要があるかもしれません。

 

つまり荷物の量が増えると、単純にトラックサイズが大きくなるだけでなく、
その他の追加手配も必要になる可能性があるということです。

 

仕事の都合などでよく引っ越しをする人は、組み立て式の家具などを利用して、
できるだけ荷物をコンパクトにまとめることが、引っ越し費用を安く抑えるコツです。