お得に引越しできる情報がギッシリ!

自力引っ越しでも費用は意外にかかる

自力引越しの場合の費用

一人暮らしの引っ越しでかかる費用はズバリどれくらい?
こちらのページでも解説しましたが、
自力で引越した場合でも、費用はタダではありません。

 

荷物の梱包資材やレンタカーの手配、
手伝いに来てくれた人への謝礼や食事代などがかかります。

 

一人暮らしで荷物が少なく、大型荷物が無い人であれば、
軽トラックや軽バンなどでOKな場合もありますが、
ベッド(マットレス)などの大型家具が一つでもある時は、2トントラックを手配した方が安心です。

レンタカー代は、軽バンタイプで約8千円/日、2トンのバンタイプ車で約2万円/日が相場です。

 

また手伝ってくれた人への謝礼は、学生で5,000円〜、社会人で10,000円〜が相場になります。
荷物が多いと手伝いの人数も増えるので、その分費用は高くなります。

 

さらに昼食や引越し後の食事なども含めると、
知人へのお礼だけでも数万円はかかる可能性があります。

 

 

業者に頼んだ際の費用

 

単身で荷物が少ない人であれば、業者の「単身パック」などの安いプランがお得です。

 

「単身パック」とは、業者指定のコンテナに荷物を積みこんで、
同一方面の荷物とあわせて運ぶプランで、15,000円くらいから利用できるものもあります。

 

ただし単身パックのコンテナはサイズが決まっているので、
このサイズに収まらない荷物は運ぶことができません。

 

その場合は通常の引越しプランを利用することになります。
一人暮らしで100km以内の近距離引越しであれば、5万円以内で引越せることが多いようです。

 

ただし特殊な荷物がある人や荷物が多い人は、これ以上の金額になることもあります。

 

 

お得に引越すためのポイントは

 

自力引越しでも業者に頼んだ場合でも、引越しにはそれなりに費用がかかります。

 

引越しのタイプは人それぞれ違うので、
いくつかの業者から見積もりを取って比較することが大切です。

 

そこでおすすめなのが、
インターネットで複数の業者に一括で見積もりの問い合わせができるサービスです。

自分の引越しの条件を、専用画面に一度入力するだけで済むので、
忙しい人でも効率よく見積もり依頼をすることができます。

 

自己判断で「自力引越しが安い」と決め付けてしまうと、
業者に頼むよりも費用が高くなってしまうこともあるので、
引越しが決まったら、まずは見積もりを取って比較検討するようにしましょう。