お得に引越しできる情報がギッシリ!

土日祝日は引っ越しの需要が増える

荷物の運び出しから、新居での荷解き、荷物整理なども含めると、
引っ越しは最低でも1日はかかる大仕事です。

 

平日に休みが取れない人は多いので、土日祝日は引っ越す人が増えます。

 

引っ越しの需要が高くなれば、当然料金も上がるので、
土日祝日の料金は高く設定されているわけです。

 

ハイシーズン(3月など)はただでさえ予約が取りにくい上に、
土日祝日ともなれば予約が殺到するので、
業者によっては平日と比べて数万円以上の差がつくことがあります。

 

仕事などで都合がつかない場合は仕方がありませんが、
できれば平日も含めて、曜日選びは慎重にしたいところです。

 

 

平日なら休前日が狙い目?

 

平日引っ越しの中でもおすすめなのが、休前日の引っ越しです。

 

半日もしくは1日仕事を休むことになりますが、
当日はフリー便などの安い便で引っ越しを済ませて、翌日ゆっくり荷解きができます。

 

料金を安く抑えることができて、さらに時間的にも余裕があるので、
引っ越しでのストレスはかなり少なくなるはずです。

料金が高くて、引っ越し翌日から仕事になってしまう日曜日よりも、

最近は金曜日の引っ越しを好む人も増えてきているようです。

 

荷造りなどを事前に計画的にやっておけば、
半日だけ仕事を休んで、その日の午後に業者に荷物を搬送してもらうことが可能です。

 

引っ越しは色々と出費が多くなるので、節約できる部分は節約して、
できるだけ費用を抑えるように工夫しましょう。