お得に引越しできる情報がギッシリ!

午前中の引っ越しは料金が高くなります

午前中の引っ越し作業は、業者がその日一番最初に行う引越しで、
「午前便」や「朝一便」とも呼ばれます。

 

そのため業者の到着時間が正確で、その日のスケジュールを組みやすいのがメリットです。

 

もし近距離引っ越しであれば、お昼までには新居への荷物の運び入れも終わるので、
荷解きの時間もたっぷりとることができます。

 

こうしたメリットから午前便は人気があるので、その分料金が高くなります。

 

時間が無い人、荷物量が多い人、引越し先が少し離れている人、
あるいは小さい子どもがいる家庭などでは午前便を使うことをおすすめしますが、
単身引っ越しで時間的にも余裕のある人は、午後の方が安く済む分お得です。

 

 

午後の引っ越しの特徴は?

 

午後の引っ越しは、その日の午後に行われる作業で、
業者によって「午後便」や「フリー便」などの呼び方があります。

 

午前中の引っ越しが終わってからの作業になるので、業者の到着時間は指定できません。

その分料金が安く、時期や業者によっては午前便の半額程度になることもあるので、
条件が合えばぜひ利用してみたいプランです。

 

到着時間について指定は出来ないといっても、
業者の予約状況から、大体の目安時間を教えてくれるところが多いはずです。

 

例えば13時〜17時の間で、前後2時間くらいの幅を持たせて
時間を教えてくれることが多いようです。

 

近場への引っ越しの時や、荷物が少ない人、翌日荷解きに時間を取れる人などは、
午後便でも問題なく引っ越しできるでしょう。

 

ただし引越し先まで少し距離がある場合は、
業者の作業開始時間によっては、新居到着が深夜になることもあります。

 

周囲の環境などを考えて、無理の無い時間帯を選ぶようにしましょう。