お得に引越しできる情報がギッシリ!

カーテンは引越し初日から必要

家電品や家具に比べて見落としがちですが、
カーテンは引越し初日から必要になるアイテムです。

 

カーテンがないと部屋の中が丸見えになってしまうので、落ち着いて荷解きもできません。
夜、部屋の明かりをつけると、日中以上に部屋の中が見えてしまうので要注意です。

 

とくに女性の一人暮らしの場合は、防犯上の点からも、
必ず目隠しとしてカーテンをつけましょう。

 

部屋の下見のときに窓の数とサイズを確認して、必要な枚数をそろえておきましょう。

一人暮らしのプライバシーは自分で守ることが鉄則です。

 

引越し先の窓が大きい場合

 

新居の窓が大きくて既製品が使えない場合は、
引越しに間に合うよう、カーテンをオーダーしておくのがベターです。

 

デザイナーズマンションのようにオーナーのこだわり物件は、
建具なども見た目がオシャレでデザイン性の高いものが使われていることが多く、
既製品が合わないこともあります。

 

下見のときに窓のサイズを計り、
既製品が合わないときは事前に準備する必要があります。

 

ただし引越しまでに時間がなく、オーダーカーテンが間に合わない場合は、
今まで部屋で使っていたカーテンをとりあえず使うか、
大きめの布で窓を隠すなど工夫しましょう。