お得に引越しできる情報がギッシリ!

できるだけ家電は小さめのものを選ぼう

一人暮らしの人が家電を買うときのポイントは、
できるだけ小さめサイズのものを選ぶことです。

 

部屋サイズがワンルームなど小さめの場合、
大きな家電品だと置き場サイズが足りないことがあります。

 

とくに洗濯機は部屋に設置された洗濯機トレイに収まるよう、
買う前にトレイのサイズを測っておくことが大事です。

 

ドラム式の洗濯乾燥機などの大型のものは、
トレイに入らない可能性もあるので注意しましょう。

 

ただし生活スタイルによっては、大きめサイズが良い家電もあります。

 

例えば自炊はあまりせずに、冷凍食品を多く使う人は、
冷凍庫が大きめの冷蔵庫にしておけば、収納に困りませんよね。

 

逆に外食が中心の人は、小さめサイズでドリンクが冷やせる程度で十分でしょう。

 

このように住宅の環境や生活スタイルによって、
必要な家電は違うので、それぞれに合った家電を選ぶようにしましょう。

 

 

必要かもしれない家電品は、しばらく買うのを控えましょう

 

一人暮らしを始めるときは、あれもこれもと必要ないものまで買ってしまいがちですが、
実際に生活をしてみないと、必要な家電品はわからないものです。

 

中でも、電子ポットや炊飯器は買っても使わないという人が多いので、
新居でしばらく生活してみてから、買うかどうか決めた方がよいでしょう。

 

買っても無駄になっては意味がありませんし、
一人暮らしの場合は、その後も引越す可能性があるので、できるだけ荷物が増やさない方が良いのです。

 

迷った場合は買わないでおいて、必要になってからネット通販などで揃えるようにしましょう。