お得に引越しできる情報がギッシリ!

一人暮らしの家賃相場を知ろう

一人暮らしをはじめるために必要な費用について
一人暮らしを始めるときに、まず考えたいのが家賃相場です。
住みたい地域の家賃相場を調べて、
自分の予算にあうか検討しましょう。

 

一般的には、家賃は給料の3分の1までと言われます。

 

いくら住みたい物件があっても、
家賃は毎月の大きな出費なので無理は禁物です。

 

そして引越しの初期費用として、
次の費用が必要になることも覚えておきましょう。


賃貸物件では住居の破損や家賃の滞納に備えて、
1〜3ヶ月分の「敷金」を最初に収めます。

 

また大家さんにお礼として「礼金」を1〜2ヶ月分払う地域もあります。
地域によっては「保証金」として徴収するところもあります。

 

例えば、家賃7万円の部屋を借りたとして、
敷金・礼金が2ヶ月ずつで前家賃1か月分必要な場合、この費用だけで35万円になります。

 

さらに不動産業者への仲介手数料が1か月分上乗せされると、
賃貸にかかる費用だけでも、総額42万円が必要な計算になります。

 

 

引越し費用はいくら?

 

引越し費用は荷物量と引越し先までの距離で決まるので、簡単にいくらということはできません。

 

同一市内へ引越す人で、ワンルーム程度の広さの荷物であれば、
2〜5万円程度が引越し料金の相場と言えるでしょう。

 

ただしこれは荷物量によって大きく変わります。

 

引越し料金の相場については、こちらの解説でも説明しましたが、
例えば衣類などの荷物は比較的少なくても、
大きな家具家電がある人は、これ以上の料金になることもあります。

 

まずはインターネットの見積もり比較サイトで、業者を探して料金を比較してみましょう。

 

 

家具や家電の値段は?

 

一人暮らしが初めての人は、家具や家電品もそろえることになるので、
こららの出費についても考える必要があります。

 

テーブルやタンス、整理棚などの家具、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などの家電品は、
最低限必要になるでしょう。

 

家具類は組み立て式の安価なものであれば、
1万円以内の予算でも色々選ぶことができるはずです。

 

一方家電品は、小型のものでも新品では3万円前後はするようです。
全て新品でそろえるとなると、家具・家電だけで10万円前後かかる可能性があります。

中古品でも気にならない人は、リサイクルショップなどを利用して、
初期費用を抑えるよう工夫しましょう。