お得に引越しできる情報がギッシリ!

女性の一人暮らしは特に防犯に気をつけよう

女性の一人暮らしが当たり前になったとはいえ、
やはり男性に比べると、女性の一人暮らしは危険なことも多いものです。

 

洗濯物の干し方や夜道の歩き方など、
防犯上気をつけたいポイントがいくつかあります。

 

基本的には洗濯物を外に干すのはやめましょう。
盗難にそなえることもありますが、
女性が住んでいることがわかってしまうと危険性が高まります。

 

引越し後は必ずカギを付け替えるようにしましょう。
ほとんどの管理会社が、カギを付け替えるよう指示してくれますが、
指示がない場合でも確認して、新しいカギに替えてもらってください。

 

その分、付け替え費用が2万円前後かかる可能性がありますが、
防犯上、前の住人が使っていたカギを使い続けることはおすすめできません。

 

また引越し後はすぐにカーテンをつけて、部屋の中が見えないようにしたり、
新居の周辺も早めにチェックして、安全な道を確保できるようにしましょう。

 

 

引越し会社のレディースプランを使いましょう

 

引越し業者の中には、女性の引越し向けにレディースプランを設定しているところがあります。

 

アート引越しセンターのレディースパックは、
引越し当日の作業スタッフが全員女性なので、
デリケートな女性の荷物も丁寧に扱ってくれると好評のプランです。

 

タンスに衣類を入れたまま運んでもらうときなどは、
女性スタップの方が安心して任せられますよね。

ただし重い荷物の場合は、女性スタッフでは運べないこともあります。

 

また対応地域が限られているので、
見積もりの時に、自分の荷物量や住所に対応しているかどうか確認してみましょう。